身体を鍛える「ピラティス」

身体を鍛える「ピラティス」

海外セレブの間で話題になり、近年では日本国内でも注目されているピラティス
ですが、ピラティスは1920年頃にドイツ人のヨーゼフ・ピラティスが考案した
エクササイズだと言われています。

 

ピラティスは深部の筋肉や体幹を鍛えながら正しい姿勢やプロポーションを綺麗に
する効果が得られると評判ですが、身体のバランス感覚の改善効果もある為、
最近ではリハビリとしてもピラティスが活用されているようです。

 

ピラティスにはマットで行う運動と、マシーンを使って行うエクササイズがありますが、
マットの場合はグループまたは個人でエクササイズを行い、マシーンの場合はピラティス
専用に開発された器具を使います。

 

マットでのエクササイズはコア中心に構成されたプログラムと、
フロー重視のプログラムがありますが、コアに重点を置いたクラスでは
身体全体を鍛える事がメインになり、フロー重視のクラスでは身体への
集中が継続される為、エクササイズと共に精神的開放も得られるという特徴があります。

 

一方、マシーンはそれぞれのタイプに合わせて負荷を調節できるので、
自分に合わせたプログラムで
実践することが出来るので、普段スポーツをされる方や
高齢者の方にも最適なエクササイズになっています。

 

身体を鍛える「ピラティス」

 

東京都内でピラティス教室をお探しの方

>>ピラティス教室 東京|ピラティスアライアンス インストラクター養成コース

 

 

 

 

ゆっくり筋力をつけるピラティスは面倒くさがりやにもOK

ピラティスを知ったのは女優やフィギュアスケーターが
筋トレ以外のトレーニングとして取り入れているという話を聞いた時でした。
それまではヨガは知っていても、ピラティスは名前も聞いたことがなく、効果も知りませんでした。

 

ヨガの無理なポーズはどうしても好きになれず、体にいいよ、
やっておいた方が得だよと言われても断っていました。

 

ピラティスはヨガとは違い、筋力をつけることを目的としていて、
しかも屋内でストレッチに近い運動でインナーマッスル(体内の奥の筋肉)
を鍛えることが目的と知って、形だけでもやってみようかなと思いました。

 

それほど難しいものは好きになれないので、面倒な形式ばったものはすべて飛ばし、
「こういう運動は○○を鍛える」「このストレッチは○○に効果がある」
という部分だけ参考にしています。

 

長続きさせようと意気込んでいるわけではなく、運動不足だし、
歳をとって何かあった時に筋力がないことで大ケガになるのはイヤなので、
ちょっとやっておこうかなという感じです。

 

肩や肩甲骨、股関節を中心にストレッチしていますが、
今では毎日ピラティスをしないと体がムズムズして気持ちが悪いくらいです。

姿勢や肩こり改善をサポートしてくれるピラティス

"ピラティスは、コアを鍛える運動です。大切なことは、スタート時の正しいポジショニングです。特に骨盤を立てて尾底骨ではなく座骨ですわることと、肩胛骨を寄せた状態で肩をさげるということです。骨盤を立てるというとつい腰をそらしてしまいがちですが、これでは、腰やその周辺の背骨が痛くなってしまいます。鏡を見ておなかに力を入れて骨盤を立てることが大切です。私は、夫のバイクの後ろに乗せてもらって出かけることがあるのですが、長距離のツーリングになるとどうしても腰がいたくなりました。でも、ピラティスを習い初めて、乗っているときに骨盤を立ててすわるようにしたら、長距離ツーリングでも腰は痛くならなくなりました。

 

 もう一つのポイント、肩胛骨を寄せて肩をさげるのは、習得するまでに1年かかりましたが、そのことを意識するようになると、パソコンをさわっているとき、包丁できざんでいるとき、ピアノを弾いているときなどいろいろなときに、肩が上がっていることに気がつくようになりました。そのたびに、肩胛骨を寄せて肩を下げるという姿勢にリセットするようになってからは普段の姿勢がよくなり、いい姿勢ですねとほめられることが増えました。姿勢がよくなると少しずつ肩こりも改善されてきました。何年かぶり息子に肩をもんでもらったら、「どうしたの!?石のような肩だったのに、圧すとさがるやん。」とびっくりしていました。これからもピラティスを続けていい姿勢をキープできるようにしたいと思っています。"

更新履歴